お知らせ詳細

ホーム > 

ページタイトル
重田先生の医療トピック
オンラインストア動物ナビ
Twitter title
Twitter bottom
窓上

「猫ノミ予防関連のお話」リンク一覧ページはコチラ。〈室内飼い猫さんになぜノミがつくことがあるのか〉も、同じ頁に書きました。掲示板からの閲覧も可能です。

2014年06月27日

今までは、猫さんのノミ予防も、ノミ・ダニ(マダニ)予防のお話の中に入っていたので、見つけにくくご迷惑をお掛けしていました。(申し訳ない)

今回、独立ページを作成しましたので、ご参考になればと思います。

最近は、室内飼いのネコさんが増えたので、昔程ノミ予防に神経を使わなくなったのは事実です。

「ノミ」は、勝手に家の中で自然発生するわけではありません。

家族、もしくはお客様がノミの卵等を家の中に持ち込むのです。

したがって、「ノミが寄生しているかも猫さん」と触れ合ったり、「ノミが寄生してるかも動物さん」が住んでいる家を訪ねた場合は、自分の家に入る前に靴の裏や洋服をパンパン叩いてから入りましょう。

自分の家の猫さんと触れ合うのは、もちろん手洗いしてからです。

もし、「ノミ」が発生してしまったら、そのシーズンは、しっかりノミ駆除薬を正しく使い、翌年シーズンの頭(桜の開花が目安)も、抑えとして1回使用しとくと、撲滅運動としては効果が高いと思われます。

なぜ翌年シーズン頭も?というと「ノミ」ってさっすが昆虫!あなどれないぜ!で、「ノミのサナギ」(念のために言うとノミは、卵→サナギ→成虫の順番です)が、成虫になる条件が全て揃っていても、成虫にならずにサナギや卵でその時期をやり過ごし、次のシーズンに成虫になるヤツが少数いるのです!!!

どうだ憎たらしいだろう!!!

オマケ話ですが、「ノミ」の成虫になる条件項目には、温度湿度はもちろんですが、なーんと「振動!」も必要と考えられています。

つまり、温度湿度だけだと、成虫になった時、周りに寄生する生物がいなかったら、当然「ノミ」は、飢え死にしちゃうからなんでしょうね。

「ノミ」、なめてかかると大発生~~~!

てなわけで、「猫さんのノミ関係のお話」リンク一覧は、下記です。


【医療トピック版】
ノミのお話



【HPお知らせ版】
2015春爛漫!ダニ(マダニ)予防とノミ予防、合図は桜の開花です

↑2015年3月更新


DSファーマアニマルヘルス疾病解説シリーズ
「ネコのノミ」



ノバルティスアニマルヘルス
今日も明日もあなたと一緒365hugs
寄生虫から365日あなたの家族とペットを守るために



バイエル薬品(株)
守って幸せ学んで幸せ~さようなら寄生虫~



★お薬は、安心、確実、【 動物病院処方薬 】★

 

 

 

 

 

窓下
診療案内   ご挨拶&コンセプト   ご来院時のお願い   当院へのアクセス
重田先生の医療トピック