お知らせ詳細

ホーム > 

ページタイトル
重田先生の医療トピック
オンラインストア動物ナビ
Twitter title
Twitter bottom
窓上

医療トピック「「医療案内=よくある質問、疑問にお答えします」〈犬のフィラリア予防(犬糸状虫症予防)は不必要なの??〉更新。【HP掲示板】「犬フィラリア予防とノミ・ダニ(マダニ)予防関連」のお話(リンク一覧ページ)」にも項目追加しました。

2015年05月18日

早いものでGWもあっという間に過ぎ、フィラリア予防の開始月【5月】も残り半分を切りました。

皆さんお薬の準備は大丈夫ですか?

今シーズンも、地域環境や生活にあった、正しい予防・駆除をして、動物さんも人も、健康で快適、安心な楽しい毎日を過ごしましょう、と思います。

最近、特に都会では「犬フィラリア症(犬糸状虫症)」に対して過去の病気のように世間で言われ、飼主様によっては「犬のフィラリア予防(犬糸状虫症)は不必要」っていう声がある事を、獣医さんも知っています。

なので今回は、犬のフィラリア予防(犬糸状虫症予防)は不必要なのか?ホントのところどうなのか?という視点からの一例として書きました。

「動物病院なんだから必要って言うに決まってる」と仰らずに、お聞きになってみていただけると嬉しいです。

公平な事実をいつも書いているつもりです。

必要無くなったら「これこれこうで必要なし」って言いますので・・・

ということで今回は「犬のフィラリア予防(犬糸状虫症予防)は不必要なの??」です。

医療トピックからだと見つけにくい、見づらいとのお声もありますので、このページにも医療トピックと、ほぼ同じ内容文を記載しました。

ご覧になりやすいほうでご覧頂ければと思います。

「医療トピック」のページでの閲覧はこちら
「犬のフィラリア予防(犬糸状虫症予防)は不必要なの??」

医療トピック」は、他にも色々情報のせてあります。


◆犬のフィラリア予防(犬糸状虫症予防)は不必要なの??

最近、特に都会では「犬フィラリア症(犬糸状虫症)」に対して過去の病気のように世間で言われ、飼主様によっては「犬のフィラリア予防(犬糸状虫症)は不必要」っていう声がある事を、獣医さんも知っています。

確かに15年前と比較すればドン・ペット・クリニックでも血液検査=犬糸状虫成虫抗原検査(通称:フィラリア検査)で見つかる事も滅多に無いです。

しかし、これには理由があるのでは?

つまりフィラリア検査を受ける対象の犬さんは、動物病院に来院している犬さんで、まじめに予防している犬さんが大半ですもの。

2014年2月に開催された日本獣医内科学アカデミーでの報告「神奈川県の保護犬および来院犬における犬糸状虫寄生状況について」では、犬糸状虫成虫抗原検査の結果が陽性(感染している=虫が心臓に寄生している)を示したのは、動物病院来院犬では0,3%であったのに対し、保護犬では22,7%と報告しています、保護犬では約4頭に1頭の割合です。

また同報告では投稿中として東京都でも、動物病院来院犬では0,27%に対し保護犬では23,0%であったと報告しています。

この報告により、動物病院に来院しない犬に高率に感染しているということが予想されます。

予防薬の普及により犬のフィラリア症(犬糸状虫症)は確実に発症予防できる疾病になりましたが、都市化が進んだ地域でも感染リスクは依然として存在するとドン・ペット・クリニックは考えます。

で、転ばぬ先の杖、「フィラリア予防は、実施したほうが良い」に軍配が上がると思います。

きちんと正しい情報を知ったうえで選んであげましょう。

「そもそもフィラリア予防って・・・基本編」

ちなみに東京の犬フィラリア予防期間はもう始まっています。

犬のフィラリア予防、動物病院によって違うの?(期間・検査)

フィラリア予防の開始月は【5月】です。

皆様お薬の準備は大丈夫ですか?

【HP掲示板】

「犬フィラリア予防とノミ・ダニ(マダニ)予防関連」のお話はコチラ

この↑ページは上記情報関連リンク一覧ページです。

 

 

 

 

 

窓下
診療案内   ご挨拶&コンセプト   ご来院時のお願い   当院へのアクセス
重田先生の医療トピック