お知らせ詳細

ホーム > 

ページタイトル
重田先生の医療トピック
オンラインストア動物ナビ
Twitter title
Twitter bottom
窓上

医療トピック「病気のお話」に〈中高齢の猫が以前より良く食べるようになった、甲状腺機能亢進症も疑おう〉更新、【HP掲示板】「シニア関連のお話(リンク一覧ページ)」にも、項目追加しました。

2015年07月19日

今回は「中高齢の猫が以前より良く食べるようになった、甲状腺機能亢進症も疑おう」です。

暑さにめげず食欲全開タイプだった猫さんも、さすがに年齢が上がってくると暑さ負けを示したりする場合もあります(皆が皆ではありません)。

にもかかわらず、年齢を重ねて前よりもっと食べるぞ~なんて時、たまたま季節が夏だったりすると、「夏バテ知らずの健康な子ね」とか、「体が丈夫になったのね」と思いがち・・・

ということで、「気が付いてね、それはアブノーマルですよ」という今回のトピックです。

医療トピックからだと見つけにくい、見づらいとのお声もありますので、このページにも医療トピックと、ほぼ同じ内容文を記載しました。

ご覧になりやすいほうでご覧頂ければと思います。

「医療トピック」ページによる閲覧はこちら→中高齢の猫が以前より良く食べるようになった、甲状腺機能亢進症も疑おう

医療トピック」は、他にも色々情報のせてあります。


◆中高齢の猫が以前より良く食べるようになった、甲状腺機能亢進症も疑おう

猫さんが、以前よりも若いころよりも「食事を催促する」「元気になった」「活発に動くようになった」諸々・・・。

それって一見、健康そうですが、ちょっと待って!

人間の場合、75歳になってから70歳の時より沢山食べる様になったら家族は心配しません?

おかしいですよね、おかしいのです

猫さんの場合「甲状腺機能亢進症」を疑います。

甲状腺という所からホルモンが出過ぎているのです(過剰分泌)。

このホルモンは、元気がでるホルモンみたいな感じです(代謝が活性化する)。

イメージは古い機械が新品時と同じ仕事をするのに燃料が沢山掛かるみたいな。

でもホルモンとは難しいもので、「甲状腺機能亢進症」でも全く反対に元気・食欲共に低下するパターン、病態の猫さんもいます。

そして、猫さんの甲状腺機能亢進症の場合、それに対する治療により、腎臓機能の低下が顕著化する場合もあります(今まで腎機能低下の症状を示していなかったのに症状が発現してしまう)。

ホルモンとは、出過ぎても足りなくても体に変化を与える物です。

したがって、猫さんの甲状腺機能亢進症に対する治療の必要性は、病態のレベルや生活環境により異なります。

猫さんが、以前よりも若いころよりも「食事を催促する」「元気になった」「活発に動くようになった」諸々・・は、アブノーマルな状態である事は事実ですので、治療の有無にかかわらず将来のために把握しておく事は大切です。

ドン・ペット・クリニックでは、中高齢期の猫さんが何か変な場合は甲状腺チェックも有りと考えています(血液検査でホルモン量を計測)。


【HP掲示板】
「シニア関連」のお話はコチラ
こちらはシニア情報関連リンク一覧ページです
(掲示板からも閲覧できます)

【医療トピック版】
犬と猫に対する 内分泌疾患、ホルモン関連疾患 【 糖尿病 ・ アジソン病 ( 副腎皮質機能低下症 ) ・ クッシング症候群 ( 副腎皮質機能亢進症 ) 甲状腺機能亢進症 ・ 甲状腺機能低下症 ・ 等 】 の治療について、まずは・・・
2015年8月更新(長ーい題名スミマセン)

 

 

 

 

 

窓下
診療案内   ご挨拶&コンセプト   ご来院時のお願い   当院へのアクセス
重田先生の医療トピック