お知らせ詳細

ホーム > 

ページタイトル
重田先生の医療トピック
オンラインストア動物ナビ
Twitter title
Twitter bottom
窓上

2016年ドン・ペット・クリニック、犬の ノミ・ダニ(マダニ)予防・駆除薬変更のお知らせ

2016年03月12日

桜前線という言葉をチラホラ耳にする頃になりました。

今年の開花予報日(東京)は3月21日、春分過ぎたら速攻のようですね。

ウェザーマップ予想2016さくら開花前線

桜といえばノミ・ダニ(マダニ)予防・駆除シーズンの始まりです。

2015春爛漫!ダニ(マダニ)予防とノミ予防、合図は桜の開花です記2015年3月

ドン・ペット・クリニックでは2016年春より、犬のノミ・ダニ(マダニ)予防・駆除薬を滴下剤の「マイフリーガード(共立製薬株式会社)」「プラク-ティック(ノバルティス)」からソフトチュアブルタイプの経口剤「ネクスガード(日本全薬工業株式会社)」へ変更いたします

変更にあたって----------

滴下剤が世の中の主流になってずいぶんと経ちました(20年間位?)。

滴下剤の前は、効果不確実かつホントにめんどくさい方法で、その上安全面にも注意を払わなければ的な(シャンプー、泡々を擦り込む、首輪等々)時代だったわけで、そんな中非常に画期的な安全性、利便性に優れたお薬(滴下剤)が登場し、圧倒的シェアを占めたのは当然の結果だったと言えましょう。

しかし、前々から最近の犬さん達の生活には、滴下剤は不便な面も多いなぁと感じていましたが、滴下剤という王様に代わる程の自信を持っておすすめできる薬が今までなかったわけです。

しかーし、とうとう自信を持っておすすめできる経口剤(口から食べる)タイプのノミ・ダニ(マダニ)予防・駆除「ネクスガード」の登場です。

ネクスガードは経口剤(口から食べる)タイプなので、滴下剤タイプと異なり、雨・シャンプー・トリミングの影響も受けず、いつでも投薬OK。

身体が薬液で濡れることもないので、投薬後すぐに抱っこしたり触れ合うこともでき、滴下剤の滴下場所に「うっかり頬ずりして(飼主様の)顔がベタベタになっちゃったー、肝心の犬の身体にほとんど残ってなーい」なんて心配もありません。

滴下後の「今日は洋服どうしよう」や、「今日は胴輪はやめとこう」なーんて配慮もいりません。

ネクスガードはお薬ですが、とても美味しいので(メーカーさんがごちそうさま保証なるものをつけるくらい)犬さんも喜ぶし、飼主様も投薬のタイミングや手間を意識する必要が無くなります。

そして新しい薬に対して当院は、発売からしばらく様子を見ることを課しています。

経口(口から食べる)タイプのお薬は、何点か世にデビューしているので、様子を見ていたのですが、ネクスガードは他の経口剤と比べ、吐く率も雲泥の差!(というよりほぼゼロ!)、時間差投薬なんて面倒もなく、嗜好性も高く、効果もしっかりしていると手応えを感じ、ノミ・ダニ(マダニ)駆除剤はネクスガードに変更となりました。

安全性からも、経口(口から食べる)タイプのノミ・ダニ(マダニ)予防・駆除剤の中で、現在のチャンピオンは「ネクスガード」だと思います。

きっと何年間かはネクスガード王者の席巻時代到来!といったところでしょうか。

欠点と言えば滴下剤より少しexpensiveな点ですね。

この点はメーカーさんのこれからの努力に期待しましょう。

医学的にも、投薬の手技・個体差や飼育環境による効果バラツキの低減が明らかに予想できます。

発売は昨年2015年春からですので、市場での安全性も付加されているとドン・ペット・クリニックでは考えています。

利便性だけでなく、効果効能も滴下剤よりレベルアップしていて、ノミを投薬後6時間以内に駆除、マダニを24時間以内に駆除します。

駆除効果は1ヶ月持続です。

ネクスガードPC・Webサイト

お問い合わせは
ドン・ペット・クリニック03-3728-2511
またはメリアルジャパンフリーコール0120-499-419へお願い致します。

※猫さんは昨年と同じくお薬の変更はありません。


【HP掲示板】
「犬フィラリア予防とノミ・ダニ(マダニ)予防関連」のお話はコチラ
この↑ページは上記情報の関連リンク一覧ページです

【HPお知らせ版】
その他のニュースはこちら



今回、医療トピックでは「医療案内=よくある質問、疑問にお答えします」グループにupしました。

「医療トピック」ページによる閲覧はこちら
2016年ドン・ペット・クリニック、犬の ノミ・ダニ(マダニ)駆除薬変更のお知らせ

 

 

 

 

 

窓下
診療案内   ご挨拶&コンセプト   ご来院時のお願い   当院へのアクセス
重田先生の医療トピック