お知らせ詳細

ホーム > 

ページタイトル
重田先生の医療トピック
オンラインストア動物ナビ
Twitter title
Twitter bottom
窓上

医療トピック【お休み処(院長のひとり言)】ページに、〈盲導犬育成のための募金(ラブラドール募金箱)2016今年もありがとうございました。「お礼」と共に「盲導犬の新しい取組み」と「8月15日のホーム転落事故から私も考えること」〉を、追加更新しました。

2016年08月27日


気づけば医療トピック【お休み処(院長のひとり言)】ページは、約1年ぶりの追加更新となりました。(自分のひとり言はついつい後回し)

◆まずはお礼です。

今年も、ドン・ペット・クリニックの待合室に置いてある、公益財団法人日本盲導犬協会の募金箱(別名:ラブラドール募金箱)に、盲導犬育成へのご支援ありがとうございました。

ご支援の心がぎゅっと詰まったあったかい募金です。

大切に、1年に1回、必ず送っています、今年も無事に送りました。

これからも皆様と一緒に、「ちょっぴり運動長続き」の気持ちで続けたいと思います。

ありがとうございました。


情報ページの紹介、厚生労働省HPより
「いろんな場所で会おうね。ほじょ犬」


◆少しづつ少しづつ世の中が動いていく、今年も大きなチャレンジがあったようです。

前にも書きましたが、ドン・ペット・クリニックに、年4回、「盲導犬くらぶ」という会報が、公益財団法人日本盲導犬協会から届きます。

7月に届いた83号に「全盲ろうの方が日本で初めて盲導犬ユーザーになられた」という記事がありました。

NHKのEテレで7月9日(再放送7月15日)「道を拓(ひら)く、盲ろう者と盲導犬」に放送されたのでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。(残念ながら私は見逃してしまいました)

詳しいことは私が書くより上記Eテレのページの方が解りやすいと思われるの割愛させていただきますね。

今回のペア誕生のすごい点は「全盲ろう(全く見えず聞こえない)」という点(日本では唯一)で、事前準備も時間をかけて周到に試行錯誤しながら進められたようです。

盲導犬を選ぶにあたって配慮したことは・・・以下記事抜粋・・・ユーザーさんの歩行の特徴(左右に大きく体が揺れる)から、①揺れに耐えられる、ある程度体が大きい(大きくて目立つことで周りから注意を払ってもらえるのもメリット)②歩行ペースが速め③車への反応がよいなどに加え、犬が吠えたりいたずらしたりしてもユーザーさんが気が付かない可能性があるため④家の中で吠えて要求するような性格でないこと⑤いたずらするなど好奇心が強すぎないなど、様々な観点から・・・以上記事抜粋・・・だそうです。

その名はベイス!

ベイスは、ユーザーさんの指示の言葉がうまく伝わらない可能性も考え、声による指示より手の動きによる指示を優先するよう練習し、実際ちゃんとできたとのこと、すごいですね。

ここで思い出すのは白シェパード盲導犬のスカイです。

スカイについては、2014年2月、HPお知らせ欄に記載しました。
御興味のある方、よろしかったらどうぞご覧ください。
日本で唯一となる白いシェパードの盲導犬が誕生

スカイの時も課題はまだまだあると記事にありました。

そしてベイスにも課題はまだまだと記事にあります。

でもそれは当たり前、チャレンジなのですから!

やってみなければ問題点もわかりません、でしょ?

社会の色々な立場の「人を含めた動物同士」、お互いが無理せず気持ち良く過ごせますように。


◆8月15日のホーム転落事故から私も考えること

「こう声をかけるといいですよ」「こうすると助かります」の言葉はここで紹介するまでもなく世の中にありますので、一番私が言いたいことを書き留めます。

「なんでもいいから、勇気を出して声を出してみよう!」

声をかける相手は何も盲導犬を連れている人限定ではない。

道端で転んだ子供、道を飛び出さんばかりの子供、暑さでへたばりこんでるらしいお年寄り(私の義父は去年親切な方に助けていただきました)、子供やお年寄り限定ってわけでもない、他、諸々・・・。

忙しい毎日だけれども、もっと心掛けたいと改めて思います。

NHKあさイチでも「どう防ぐ?視覚障がい者のホーム転落事故」として8月25日(木)放送されたようです。(残念ながら私はまたもや見逃してしまいました)

もう一回、社会の色々な立場の「人を含めた動物同士」、お互いが無理せず気持ち良く過ごせますように。


【HPお知らせ版】
その他のニュースはこちら



(ところで今更ですがいつの頃からか3チャンもしくは教育テレビがEテレになっていた、馴染みにくいなーと感じる私です、年齢の証明か・・・)


医療トピックからだと見つけにくい、見づらいとのお声もありますので、このページにも医療トピックと、ほぼ同じ内容文を記載しました。

ご覧になりやすいほうでご覧頂ければと思います。

「医療トピック」のページでの閲覧はこちら
【お休み処(院長のひとり言)】

医療トピック」は、他にも色々な情報を記載してます。

 

 

 

 

 

窓下
診療案内   ご挨拶&コンセプト   ご来院時のお願い   当院へのアクセス
重田先生の医療トピック