お知らせ詳細

ホーム > 

ページタイトル
重田先生の医療トピック
オンラインストア動物ナビ
Twitter title
Twitter bottom
窓上

医療トピック「ちょっと気になる情報」に〈「犬を飼う」ドン・ペット・クリニック流?仔犬選びのポイント〉を更新。【HP掲示板】「動物さんと暮らす上での心得関連(公官庁・他)のお話(リンク一覧ページ)」にも、項目追加しました。

2016年12月17日


今回は、クリスマス、お正月を前にして、連休前に仔犬を家族として迎えたいという方もいらっしゃるのでは?と考え、仔犬の選び方ポイントを箇条書きしてみました。

ご参考になれば・・・。

◆「犬を飼う」ドン・ペット・クリニック流?仔犬選びのポイント

1、複数の仔犬から選ぶ場合は、2番目に元気の良い活発な仔犬

ナゼ?1番ではないの?

飼主様が体育会系で、アジリティーやアウトドアの相棒として、さあ楽しもう!の場合は、1番元気な仔犬もOK。

普通の家庭犬をとお考えでしたら「2番目に元気」な仔犬のほうが、一緒に暮らすにおいて無難です。

つまり、1番元気系は身体を動かさないと、イライラしたり、集中できない等の人間目線では面倒な部分がある可能性。

したがって、1番元気系は散歩や遊びが不十分だと、例えば破壊活動をしたりとかに発展し、飼主様の予想より大変だわ~になる可能性。

元気で健康な仔犬が安心だわ、というお気持ちから、1番元気系を選ばれたということを耳にします。

必ずしも1番活発な仔犬が1番健康な仔犬というわけではありません。


2、食欲旺盛な仔犬

食べることが大好き、これはとても!大事!!です。

「しつけ」の場面では「すぐに仔犬自身が解る御褒美=成功報酬」が必要です。

すなわち「御褒美=食べ物=少量のオヤツ」

仔犬自身が食に興味が薄いと結果的に「しつけ」が困難です。

最近、食に興味の薄い仔犬を多く見かけます。
(ドン・ペット・クリニックでは腹八分目犬と呼んでいます、食欲旺盛であるべき時期にもかかわらず、そんなに食べたくないの~、ゴハンなんて無くてもいいも~ん、遊ぶも~ん、みたいな仔犬さん)

生後早期からの単身飼育での弊害?と感じています。
(しっかり成長を見ながら育てるという観点からはいい面もあるので・・・裏腹ですね)


3、健康な仔犬

もう当然の当たり前の事です。

ペットショップ等の導入先で下痢してましたor鼻水が出てました・・・が、もう大丈夫ですor一応、薬もお渡ししておきますね・・・のアナウンス、遠慮したほうが無難?です。

仔犬時代は投薬でさえトラウマになる可能性もあります。


4、いじけちゃってて、弱そうな仔なので、心配で選んじゃいました、は、「?」

飼主様の優しい気持ちは解りますが、10年先まで考えて遠慮することをお勧めいたします。

肉体面、精神面、共に家庭犬として???です。


5、犬種特異性を考慮する

飼主様がどれだけ時間を仔犬に掛けられるかな?
(しつけやお手入れ等も含めて)

犬との生活で、どのように過ごすことを望んでいるかな?
(まったりした時間の共有を犬と楽しみたい、アウトドアの相棒、ジョギングのお供をして欲しい、しっかりした距離のウォーキングを犬と共に楽しみたい、小さな子供とも友達的に、年配の方の生活パートナー的に・・・等々)

その犬種にあった、共有スペースや、犬の個スペース、面積、確保できるかな?

家族構成や住環境にあう犬種特異性の考慮も必要?です。
(大型犬も抱っこOKでっせ~等も含めて)

「一目ぼれ!」も大事!ですが、一応チェックをお勧めします。


以上が一般論です。

他にも書き難いetc有ります。

家族に迎える前に動物病院に相談するのも良いですよ。

病院によっては有料かもしれませんが、導入後の事に対し、ショップやブリーダーさんと違い「年単位の将来」まで責任を持ってアドバイスしてくれる筈です。

個別希望や条件に合わせて杓子定規ではないお話になる筈です。

動物病院ってそういう所です。

少なくともドン・ペット・クリニックはそのつもりです。

■番外編:保護犬さんを家族に迎える場合

保護犬さんは、バックグラウンドが必ずしも明確でないことも多いので、導入前に性格や行動様式をしっかりチェックすることをお勧めします。

「一目ぼれ」は・・・です。

他の犬に対する態度・フードや物品に対する執着の度合い・子供に対する行動、etc その犬自身が苦手な事を教えてくれる導入先を選ぶことも、とても大切!です。


◆関連トピック↓

【HP掲示板】
「動物さんと暮らす上での心得関連(公官庁・他)」のお話はコチラ
この↑ページは現在一緒に暮らしている方も、これからペットという新しい家族を迎えようと考えている方も、お目を通されると良いのではと思う情報関連リンク一覧ページです


【HPお知らせ版】
その他のニュースはこちら



医療トピックからだと見つけにくい、見づらいとのお声もありますので、このページにも医療トピックと、ほぼ同じ内容文を記載しました。

ご覧になりやすいほうでご覧頂ければと思います。

「医療トピック」のページでの閲覧はこちら
「犬を飼う」ドン・ペット・クリニック流?仔犬選びのポイント

医療トピック」は、他にも色々な情報を記載してます。

 

 

 

 

 

窓下
診療案内   ご挨拶&コンセプト   ご来院時のお願い   当院へのアクセス
重田先生の医療トピック