お知らせ詳細

ホーム > 

ページタイトル
重田先生の医療トピック
オンラインストア動物ナビ
Twitter title
Twitter bottom
窓上

ドン・ペット・クリニックより2017犬フィラリア予防薬について

2017年05月01日

◆ドン・ペット・クリニックより2017犬フィラリア予防薬について

今年も5月ゴールデンウィーク明けから、犬フィラリア予防シーズンです

そこでお知らせがあります。

昨年までドン・ペット・クリニックで採用していたフィラリア予防薬のうちのひとつ、「商品名:モキシハートタブKS(お肉タイプの柔らかいチュアブル錠)」が、メーカー欠品となっており日本国内において2017年4月末時点で入手困難な状況になっています。

★5月7日追記:5月に入り納品され始めています(全国の動物病院で分け合い状態なので少しずつではありますが)ご心配おかけして申し訳ありません★

全国どこの動物病院でも在庫が少ない状況です。
(システック錠は大丈夫です)

「商品名:モキシハートタブKS(お肉タイプの柔らかいチュアブル錠)」は薬剤成分がモキシデクチンから作られています。

この薬剤成分モキシデクチンから作られた錠剤またはチュアブル錠を、他メーカーは作っていません。

つまり同じ薬剤によるお薬がないということです。

したがって、今年度は様子により、予防シーズン中にモキシハートタブから他剤に途中変更の可能性があります。

その時は、主たる薬剤がモキシデクチンから他剤(イベルメクチン)に変更になるという事です。

それに伴い昨年2016年までの投薬状況により、フィラリア検査=血液検査の必要性が生じる可能性があります。

薬剤の変更により薬理作用が異なることから仕方の無いこと・・・です。

薬剤成分詳細は複雑なので文面では割愛させていただきます。

ご相談ください。

よろしくお願い致します。

欠品解除になり次第、今までどおりのモキシハートタブKSを処方します。

なお、フィラリア検査=血液検査が必要となった場合に、同時に肝腎機能等のチェックも可能です。

健康診断もしくは本犬の個の正常値を知る意味合いとしての意義は有ると考えられます。

ご希望の犬さんは、肝腎機能等チェックの精度を上げるために血液検査前8時間以上の絶食を、必ずお願いいたします、必須!です。

採血量は若干増えますが(約2ml=2cc)、採血=血管に針を刺す行為は同じですので「どうせ怖い、痛い思いをしなくてはならないのであれば・・・、有り、お得?」と私は思います。

モキシハートタブKS(お肉タイプの柔らかいチュアブル錠)を昨年まで投薬していた犬さん達、飼主様、御迷惑ご心配をおかけして申し訳ありません。


◆関連トピック↓

【HP掲示板】
「犬フィラリア予防とノミ・ダニ(マダニ)予防関連」のお話はコチラ
情報関連リンク一覧ページ
(掲示板からも閲覧できます)

【HPお知らせ版】
その他のニュースはこちら


医療トピックからだと見つけにくい、見づらいとのお声もありますので、このページにも医療トピックと、ほぼ同じ内容文を記載しました。

ご覧になりやすいほうでご覧頂ければと思います。

「医療トピック」のページでの閲覧はこちら
ドン・ペット・クリニックより2017犬フィラリア予防薬について

医療トピック」は、他にも色々な情報を記載してます。

 

 

 

 

 

窓下
診療案内   ご挨拶&コンセプト   ご来院時のお願い   当院へのアクセス
重田先生の医療トピック