お知らせ詳細

ホーム > 

ページタイトル
重田先生の医療トピック
オンラインストア動物ナビ
Twitter title
Twitter bottom
窓上

医療トピック「医療案内=よくある質問、疑問にお答えします」の〈ドン・ペット・クリニックのワクチン副作用・副反応・発生状況〉を、追加更新しました。(1996年開院~2017,6月)

2017年07月09日

◆当院のワクチン副作用・副反応、発生状況(1996開院~2017.6月現在)

2017年3月、5年ぶりの新たな発生に伴い、報告をupしたばかりですが、新たな発生がありましたので、追加更新しました。

ワクチン接種時の注意事項等の文は3月の時と同じものです。

発生事例の追加をしてあります。

あとワクチン接種スケジュールについて質問されることが増えて来たので、今年3月にupした「2017年版ドン・ペット・クリニックのワクチン接種ガイドライン(犬・猫)ワクチン接種時期を獣医師に相談しよう」をこのページにも貼り付けました。(HP掲示板の「犬:注射関連」のお話「猫:注射関連」に入っています)

その中にWSAVAが作成したものも載せていますが、3月時点では和訳されていなかったのですが現時点では2015年版は和訳されました。(当院のトピック手直し間に合っていません、したがって英文のものが載っています。すみません)

これからもワクチンで副作用・副反応が新たに発生したら、それに伴い追加します。

「 正しく理解し、きちんと接種 」を伝えたくての記載です。

ワクチンは恐れる必要はありません。

ドン・ペット・クリニックでは、ご質問またはワクチン接種前には必ず説明している内容です。

他にも「?」があればご遠慮なくどうぞ。


◆狂犬病予防接種(犬)

接種直後(5分以内)の嘔吐、1頭。
アナフィラキシー反応です。
放置すれば死亡もあり得るパターンです。
穏やかな反応でしたので落ち着いて対応させていただきました ⇒ ちゃんと復活。

接種直後(5分以内)の一過性の痙攣から意識混濁、1頭。
アナフィラキシー反応です。
ワクチンの副作用・副反応としては少ない事例です。
放置すれば死亡もあり得るパターンです。
即時対応させていただきました ⇒ ちゃんと復活。
挿管して呼吸確保レベルには至らず良かったです。


◆犬5種・8種・10種、混合ワクチン合わせて

接種直後(10分以内)の嘔吐、1頭。
アナフィラキシー反応です。
放置すれば死亡もあり得るパターンです。
かなりビビッテ対応させていただきました ⇒ ちゃんと復活。

当院接種後4時間以内の顔面腫脹(ムーンフェース)、6頭。
アナフィラキシー様反応って事です。
顔がブン殴られた様に腫れます。( 顔中を蚊に刺された感じかな? )
ブンブンブ~ンと腫れます。
ほっといても半日くらいで治るのですが、普通は抗ヒスタミン剤等で治療します。
死亡する事はまずありません。
したがって、もちろん元気にしています。


◆◆まとめ( 犬 )

どこの獣医さんでも、こんな数ではと思います。
忘れた頃にやって来るナメてはイケナイ感です。
文献的には、さまざまな報告があるのですが、日本では1000回につき2~4頭が発生しており、欧米と比較して発生率が高い傾向にあります。



◆猫3種混合ワクチン
当院接種後4時間以内の躁痒感・全身性の痒み・皮膚温上昇、1頭。
アナフィラキシー様反応です。
もちろん、その後元気です。


◆猫5種混合ワクチン

当院接種後24~48時間以内での食欲不振、3頭。
副反応とは考え難いのですが・・・もちろん、その後元気です。
現在、当院では猫5種は実施していません。


◆◆まとめ( 猫 )
3種に限って言えば、私は経験しましたが、本当に珍しいと思います。
文献的な報告も私は見た事はありません。
以上、副作用・副反応はゼロでは無い事も事実です。



★!★ 大切 ★!★

ワクチン接種は、

① 接種前後は疲れやすい事(シャンプーや、いつもの生活とは違う事)は、避けて、

② 本人が、元気!食欲OK!で、(いつもと同じ)

③ 接種後はご自宅で、様子の確認ができる余裕のある日に、

④ 午前中、もしくは夕方6時位までに接種、

を、ぜひ心掛けましょう。


◆アナフィラキシーショック(ワクチン副反応を例として)

生体がワクチンを異物として認識してしまうと、アレルギー反応をおこしてしまう事があります。

その中でも「 即時型アレルギー 」と呼ばれ、接種後数分~1時間以内に激しい症状が発現するものをアナフィラキシーショックといいます。

主な症状としては、急激な血圧低下による虚脱、呼吸困難、粘膜蒼白、嘔吐などです。

アレルギー反応は数回接種した後でも( 昨年接種して大丈夫だったとしても )発現することがあり、ショックが発現した場合には、一刻も早い処置が必要となります。

数回接種した場合での発現については、人間の花粉症が、毎年花粉は飛散しているのに突然年齢に関係なく発症する事( 花粉症になる )が、同じ理由です。

ということで重複しますが、ワクチン接種前には健康上問題ない事( いつもと同じ事 )、午前中もしくは夕方までの接種、半日は観察できる状態は大切です。

閉院間際のワクチン接種は止めましょう。

対応が難しい場合があります。


◆関連トピック
各々注射情報の関連リンク一覧ページ
(掲示板からも閲覧できます)

【HP掲示板】
「犬:注射関連」のお話はコチラ

【HP掲示板】
「猫:注射関連」のお話はコチラ

【HPお知らせ版】
「2017年版ドン・ペット・クリニックのワクチン接種ガイドライン(犬・猫)ワクチン接種時期を獣医師に相談しよう」

【HPお知らせ版】
その他のニュースはこちら



医療トピックからだと見つけにくい、見づらいとのお声もありますので、このページにも医療トピックと、ほぼ同じ内容文を記載しました。

ご覧になりやすいほうでご覧頂ければと思います。

「医療トピック」のページでの閲覧はこちら
ドン・ペット・クリニックのワクチン副作用・副反応・発生状況(1996年開院~2017,6月)
新たな発生に伴い更新します

医療トピック」は、他にも色々な情報を記載してます。

 

 

 

 

 

窓下
診療案内   ご挨拶&コンセプト   ご来院時のお願い   当院へのアクセス
重田先生の医療トピック