お知らせ詳細

ホーム > 

ページタイトル
重田先生の医療トピック
オンラインストア動物ナビ
Twitter title
Twitter bottom
窓上

医療トピック「ニュース&話題」ページ、追加更新〈猫に噛まれ狂犬病に、英国人男性が死亡2019〉海外に行かれる方は頭の引き出しに忘れず入れときましょう

2019年04月28日

◆猫に噛まれ狂犬病に、英国人男性が死亡2019

海外に行かれる方は、頭の引き出しに忘れず入れときましょう。

英公衆衛生庁(PHE)は3月12日、モロッコで猫にかまれた英国人男性が狂犬病で死亡したと報じました。

英PA通信(Press Association)によると、男性は2~3週間前にモロッコで猫にかまれたが、狂犬病の迅速な処置を施されなかったそうです。

狂犬病は感染すると脳炎を引き起こし、初期症状が出てからでは治療は手遅れで、患者はほぼ確実に死に至ります。

人間が狂犬病になってしまうと死んでしまう確率が高いことを、飼主様にお話することもあるのですが、8・9割の方が「ホント?!」とおっしゃいます。

本当ですよ!知っときましょう。

農林水産大臣が指定する狂犬病の清浄国・地域は、アイスランド・オーストラリア・ニュージーランド・フィジー諸島・ハワイ・グアムだけです。

現在日本は狂犬病清浄国です。

狂犬病が発生している国を旅行する際には、動物との接触は避けた方が無難かもしれませんね。

狂犬病という名称ですが、猫も罹患します(今回の英国人も猫からですね)。

日本での最後の感染確認個体は猫でした。

哺乳類は感受性の違いはありますが、ほぼ罹患すると考えられています。

海外で動物に噛まれたら「大使館に連絡して医療機関等の指示を仰ぐ」が、賢明かもです。


◆関連トピック↓


【医療トピック版】
狂犬病のワクチン(狂犬病予防注射)って必要なの?10歳なのに大丈夫?


【HP掲示板】
「犬:注射関連」のお話はコチラ
↑注射関連情報のリンク一覧ページです
(トップページの掲示板からも閲覧できます)


【HPお知らせ版】
その他のニュースはこちら



医療トピックからだと見つけにくい、見づらいとのお声もありますので、このページにも医療トピックと、ほぼ同じ内容文を記載しました。

ご覧になりやすいほうでご覧頂ければと思います。

「医療トピック」のページでの閲覧はこちら
「ニュース&話題」ページ

医療トピック」は、他にも色々な情報を記載してます。

 

 

 

 

 

窓下
診療案内   ご挨拶&コンセプト   ご来院時のお願い   当院へのアクセス
重田先生の医療トピック