お知らせ詳細

ホーム > 

ページタイトル
重田先生の医療トピック
オンラインストア動物ナビ
Twitter title
Twitter bottom
窓上

医療トピック「医療案内=よくある質問、疑問にお答えします」の〈サプリメントについて2018記〉を新情報追加と再改訂しました。

2018年12月23日

今までの「サプリメントについて(2012改編版)」は、新しい情報に伴い、改編が必要となり、「サプリメントについて2018記」として、犬さんと猫さんに対する関節痛サプリメントを書き直して追加手直しをしました。

情報のアップデートで今まで常識となされていたことが一気に塗り替えられる、これもまた常識ということですね。

新たな情報に伴い追加や手直しは続けます。

医療トピックにての閲覧はコチラ
サプリメントについて2018記
( ↑ 上記をクリックすると、医療トピックのサプリメントのページへ行きます。内容は下記とほぼ同じです。ご覧になりやすいほうでご覧ください)

さて、本題です。

サプリメントとは、

「病気を直接治すのでは無く、病気になるのを予防する可能性がある、もしくは、お薬の投薬量を減らせる可能性がある」

と、ドン・ペット・クリニックではお話しています。


栄養成分の補助は勿論、現在、実際に効果を実感しているものとして、


◆アンチエイジング+加齢性の跛行=不自由な歩行(変形性関節症)の症状改善には(2018記)

主成分:多価不飽和脂肪酸・ビタミンE
商品名:アンチノール(vetzpetz)

テレビCMでも有名な関節痛のサプリメント、コンドロイチンやグルコサミンは、動物用も沢山あります。
獣医さんは勧めるのにヒトの医師が病院で勧めているという話はあまり聞きません・・・さて、実際に犬さん猫さんには効くのか否か今更ながら改めてのお話です。

【コンドロイチン】
コンドロイチンとはムコ多糖類(グルコサミノグリカン)、これは高分子化合物、いわゆるポリマーです。
ポリマーの例としては、ポリエチレンがあります。
同じ構造様式です、レジ袋ですね、ポリエチレンを食べても消化吸収できません。
てことは、コンドロイチンも吸収されて効果を発揮は難しいであろう?と言う訳です。

当院では処方したことがないので実証コメントは出来ません。

【グルコサミン】
グルコサミンとはカニやエビの甲羅を形成するキチンの主成分である「アミノ糖」です。
アミノ酸ではなく糖類です。
糖類には、抗炎症作用や軟骨形成、保護作用はありません。
内服したグルコサミンが関節に直接(この直接がポイント)効くとは思えません。
またまた、う~んなのですが、グルコサミンは吸収されるので体内で変化して二次的、三次的に効く可能性はあります。

だからなのか当院での処方による効果実績は、まあまあ手応え有り、無効では無い様・・・なんですね、これが。

したがって、あえて言うなら、コンドロイチンよりはプラセボも含めてグルコサミン?

私もグルコサミンは飲んでいます、というか奥さんに飲まされています。
(家庭の平和は大事です)

でもね、関節etc含めて犬さん猫さんのアンチエイジング目的のサプリメントだったら、ドン・ペット・クリニックでは多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)の「アンチノール」押しです(2018現在)。

もっとGoodが登場したらまた紹介しますね。

+アンチエイジングに対してメインに大事なことは、無理せずに運動すること、脚を使うこと、できる事はゆっくりでもして頂く、楽をさせない事も大切です。

「高齢犬(シニア犬)、高高齢(ハイシニア犬)、の体重と散歩」
記2016,9月

「高齢犬(老犬)・高齢猫(老猫)になったら実践して欲しいこと」
記2015,9月


心不全(心臓保護)・老化の抑制

主成分:コエンザイムQ10
商品名:アシスハートQ10タブ(あすかアニマルヘルス株式会社)

Q10は、活性酸素の除去(抗酸化作用)に着目し、老化の抑制も感じています。

【オマケのお話】
「野毛山動物園 ラクダ 長寿 Q10」ぜひ検索してみて!


◆肝臓系修復保護、肝機能障害

主成分:ニカショウエキス
商品名:獣医師専用「ニカショウハーブ」(株式会社ビーエルエフ)
※HPはリニューアル中でした


白内障の予防緩和、進行性網膜萎縮の予防緩和

主成分:アスタキサンチン、ビタミンE、ブドウ種子エキス
商品名:メニわんEyeシリーズ(株式会社メニワン)


◆皮膚・被毛のコンディションアップ

役に立つ成分:不飽和脂肪酸・リノール酸
(一番簡単に手に入り、かつ安価なのは、食用油のサフラワーオイル=紅花油)


◆色々良いことがありそうな食品

煮干 ← 案外、けっこう食品です。


イキイキ・ハツラツ、健康寿命に貢献します。
動物用サプリメントご相談下さい。


朗報 ★!★!★!

避妊手術後の尿失禁に対して、ドン・ペット・クリニックでは2例ですがヒト用のサプリメントで良好にコントロールできている仔がいます。
お困りの飼主様がいらっしゃれば提案・商品紹介は可能ですのでご相談下さい。


◆関連トピック↓


【HP掲示板】
「お薬(治療薬)サプリメント含、関連」のお話はコチラ
この↑ページは関連リンク一覧ページです
トップページの掲示板からも閲覧できます


【HP掲示板】
「シニア関連」のお話はコチラ
この↑ページは関連リンク一覧ページです
トップページの掲示板からも閲覧できます


【HPお知らせ版】
その他のニュースはこちら

 

 

 

 

 

窓下
診療案内   ご挨拶&コンセプト   ご来院時のお願い   当院へのアクセス
重田先生の医療トピック