お知らせ詳細

ホーム > 

ページタイトル
重田先生の医療トピック
オンラインストア動物ナビ
Twitter title
Twitter bottom
窓上

医療トピック・ちょっと気になる情報〈動物さんに対する「痛み止め=鎮痛剤」の使い方って〉更新

2012年09月24日


医療トピックからだと見つけにくい、とのお声がありましたので、ここにも記載しました。

トピックのページでの閲覧はこちらです。

(スミマセン。そのうち医療トピックの中も整理して、読みやすくしたいと思っているのですが・・・)


■ 動物さんに対する「痛み止め=鎮痛剤」の使い方って・・・

日々の診療では、捻挫などで歩行が不自由な状態=着地が不自由な歩き方が原因で、犬さん猫さんが、来院される事もあります。

歩き方が痛々しくて可哀想だということで、動物病院で鎮痛剤(痛み止め)を、即投与・即投薬となりがちですが、これによってどういうことが起こる可能性があるか。

痛みがなくなってその脚を着地させ、普通に脚を使ってしまい、余計に捻挫を悪化させてしまうこともあるのです。

(痛み止めが切れたら前より歩行が不自由になってしまった・・なんてことも有り得ます)

これでは治療の早道とは言えないのでは?

本来動物さんは、痛みを感じることによって安静を保ち、早く治るように自然の法則に守られているのです。

そんな時、ドン・ペット・クリニックでは、様子によりあえて鎮痛剤は処方せず(無理に痛みを止めず)に、徐々に捻挫が治って自然に着地をするのを待つ、という治療を選択することもあります。

飼主様にとっては、せっかく病院に来たのに、薬が処方されない=無治療状態に感じる、と思われるかもしれませんが、鎮痛剤により痛みがない状態で、運動制限を動物さんに強いるよりは、動物さんにとっても飼主様にとっても、双方楽なのでは、です。

見守ることも治療のひとつと考えます。

ただし別の病気や関節炎などの痛みは別!!

診断は大切です。

 

 

 

 

 

窓下
診療案内   ご挨拶&コンセプト   ご来院時のお願い   当院へのアクセス
重田先生の医療トピック