お知らせ詳細

ホーム > 

ページタイトル
重田先生の医療トピック
オンラインストア動物ナビ
Twitter title
Twitter bottom
窓上

医療トピック「ニュース&話題」追加しました。「犬はサイズ=大きさで物を覚える?」です。前回、前々回の「心も空気も読める犬」「あくびの話」と同様、ちょっと楽しいかな?の仲間話です。

2013年01月07日

医療トピックからだと見つけにくい、とのお声がありましたので、本文記載と、ここからクリックしての閲覧もできるようにしました。

今回もニュース&話題のページです。

「医療トピック」のページでの閲覧はこちら→犬はサイズ=大きさで物を覚える?よろしかったらご覧下さい。

※スマートフォンご利用の方へ
医療トピック」は、スマートフォン版による反映の場合、上手く表示されない事があります。
お手数かけて申し訳ないのですが、そのような時は、PC版に切り替えての反映をおすすめします。

(スミマセン。そのうち医療トピックの中も整理して、読みやすくしたいと思っているのですが・・・)



■ 犬はサイズ=大きさで物を覚える?


犬は物を覚える際、形や質感ではなく、大きさを重視して学習しているようです。

英国研究者の実験内容で、オスのボーダーコリー(5歳)、離れた場所にオモチャを置き、普段使っているオモチャの54個のうち、指示を受けて43個を正確にくわえるなど、犬は、高い学習能力をもっているとされています。

実験では、U字形のブロックに「ダックス」と架空の名前を付けて覚えさせ、

(なぜダックスなのだろう??きっとこの研究者の好きな名前なのだろう)

① ダックスと同じU字だがダックスより大きい

② 同じ大きさだが、S字など、ダックスと形が違う

③ 形と大きさが同じだが、表面の質感が、ダックスと違う

という3種類のダミーを用意し「ダックスを取ってこい」と指示しました。

すると、ダックスと同じ大きさの、②・③のダミーをくわえてきました。

そして、ダックスと形が同じU字形でも、ダックスと違う大きさの、①のダミーには関心を示しませんでした。

研究者は「口でくわえて物を扱う犬にとってはサイズが重要。視覚を重視する人間とは覚え方が違うのではないか」と分析しています。


ほうほう成程、おもしろいですね~。ってことは仔育て中の短毛母犬の巣に、他の母犬が産んだ同じ位の大きさの長毛仔犬を混ぜておいても、引越しの際、口にくわえて運んでしまうって事ですかね。

犬は、物を運ぶ際、くわえるという手段が最も確実なわけで、まず大きさなんだろうなー。

でも、もしかしたらこの実験につきあってくれた犬は、
「ダックスだぁ~?ここにはダックスねーよ!しょうがない、、、似たのを持ってきゃ満足するかな?」
って、2個選んで
「ほ~らよ。どっちがお好み?まったく人間って奴は、個体識別能力が低くてかなわん」
な~んてね。

と妄想フワフワの私です。

前回、前々回の「心も空気も読める犬」「あくびの話」と同様、ちょっと楽しいかな?の仲間話でした。

また楽しそうなお話見つけたら書きますね。

 

 

 

 

 

窓下
診療案内   ご挨拶&コンセプト   ご来院時のお願い   当院へのアクセス
重田先生の医療トピック