お知らせ詳細

ホーム > 

ページタイトル
重田先生の医療トピック
オンラインストア動物ナビ
Twitter title
Twitter bottom
窓上

医療トピック「お休み処(院長のひとり言)」久しぶりの追加です。今回は、盲導犬からの「お願い」です。

2013年02月01日

医療トピックからだと見つけにくい、とのお声がありましたので、本文記載と、ここからクリックしての閲覧もできるようにしました。

今回は、約半年ぶりに、お休み処(院長のひとり言)のページです。

「医療トピック」のページでの閲覧はこちら→お休み処(院長のひとり言)よろしかったらご覧下さい。

※スマートフォンご利用の方へ
医療トピック」は、スマートフォン版による反映の場合、上手く表示されない事があります。
お手数かけて申し訳ないのですが、そのような時は、PC版に切り替えての反映をおすすめします。

(スミマセン。そのうち医療トピックの中も整理して、読みやすくしたいと思っているのですが・・・)


■ 盲導犬からの「お願い」です。

多分皆さんご存知とは思うのですが、、、
お仕事中の盲導犬に出会ったら、
触ったり、食べ物をあげたりせず、そっと見守って下さい。
困っているようであれば、「お手伝いしましょうか?」と盲導犬ユーザーに声をかけて下さい。
そして、犬は、信号の色を判断できません。
(人がいる時は周りの動きで判断しています)
だから、交差点では「赤(青)ですよ」の一言をお願いします。

まだまだ盲導犬の認知度は、案外思ったほど高くないのが現状のようです。
確かに日々の生活の中で、毎日盲導犬に出会う人は、まず少ない(毎日だと居ないに等しいかな)でしょう。
外で出会うと盲導犬の大きさは気にならなくても、電車の中や、建物内だと、大きさが目立ち、本能的に戸惑う方もいらっしゃると思います。
もっと頭数が増えれば、街で出会う機会が増えて、もっと自然に街が受け入れられるんだろうなぁ、と、思います。

盲導犬は色んな試験をパスして育成された犬です。
そのお仕事に向いていて、そのお仕事をこなす事に喜びを感じるタイプの犬が、盲導犬になるのです。
牧羊犬も同じです。
そのお仕事に向いていて、そのお仕事をこなす事に喜びを感じるタイプの犬が、牧羊犬になるのです。
麻薬探知犬も、警察犬も、救助犬も・・・

だから、可哀想な犬では決してありません。
頑張ってるね、お疲れ様、少しでもお仕事しやすい環境の手助けしよう、だと私は思っているのです。

盲導犬についてはコチラ→公益財団法人日本盲導犬協会

 

 

 

 

 

窓下
診療案内   ご挨拶&コンセプト   ご来院時のお願い   当院へのアクセス
重田先生の医療トピック